意外と知られていない、オーボエの歴史を徹底解明!

オーボエの起源は実は葦笛だった!?

オーボエは2枚の木を重ねたリードを、楽器の先端(口をつける側)に付けて吹くことで音を出す楽器です。このような仕組みの楽器をダブルリードの楽器といい、その歴史は大変古く古代エジプト時代まで遡ります。古代エジプトの壁画に、オーボエに似た葦笛が描かれており、これが起源となり、ヨーロッパへ伝わり発展していったと考えられています。元々野外用の楽器でしたが、室内で綺麗な音を出すためにリードも進化し、柔らかい音を出せるように改良されたと言われています。

フランスで完成されていったという説

オーボエはフランス語でオーボワと発音し、その意味は「オー(高い音)」「ボワ(木)」、つまり高い音の木を示しています。17世紀頃にフランスで元祖となる楽器が生まれたと言われていますが、その名の通り木管楽器の中では高い音がよく出る楽器として発展しました。しかし、当時はまだキーが2、3箇所にしかついておらず、半音などの細かい音階を正確に表現するのが難しかったのですが、18世紀にはキーの数が増やされより繊細な音を表現出来るようになりました。

フランス式とドイツ式に分かれたスタイル

フランスでその形が完成形に近づいたオーボエですが、その後ドイツに伝わり更に進化しました。そのドイツ式のオーボエが一時期ヨーロッパ中に広まったといわれています。オーボエは現在でもフランス式とドイツ式があり、フランス式が最も多く出回っていて、ドイツ式は主にウィーンなとその周辺で使われています。また、リードも地方によって形を変え、アメリカの方では丈が長め、ヨーロッパでは丈が短めのものを使う傾向があります。

オーボエは高音の木管楽器です。クラリネットに似ていますが、マウスピースがない点など違う箇所があります。オーケストラでの重要な楽器です。