覚えておこう!オーケストラで活躍する楽器の種類

4つの弦楽器とコンサートマスター

オーケストラで演奏される楽器の種類、どれぐらい知っていますか。弦楽器には、高音域のものからヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの4種類があります。ヴァイオリンは、第一、第二に分かれています。第一ヴァイオリンの首席奏者は、コンサートマスターを兼任する、重要なポジションです。コンサートマスターには、オーケストラに所属する楽団員以外のヴァイオリニストが招かれることもあります。高音域の弦楽器はメロディーを奏でることが多く、低音域の弦楽器は、音楽の土台を支える役割を果たしています。

個性的な音色が魅力の管楽器

管楽器には、大きく分けて木管楽器と金管楽器があります。金属製の楽器でも、構造によっては木管楽器に分類されるものもあります。美しい音色を奏でるフルートはその一例です。木管楽器には、フルートよりも小さな横笛・ピッコロや、オーボエ、クラリネット、ファゴットなどがあります。金管楽器では、華やかな音色を響かせるトランペット、独特の形が印象的なホルン、トロンボーン、チューバなどがあります。管楽器は、それぞれに個性的な音色で、オーケストラ全体の音色をより豊かなものにしています。

音楽にメリハリを付ける打楽器

オーケストラの中で、奏者の数は少ないものの、大きなインパクトのあるパートが打楽器です。交響楽で活躍する打楽器の代表的なものは、ティンパニです。ティンパニは、4つを1組にして使用されることが多く、2本のバチで叩いて音を奏でます。力強く響くティンパニの音色が、オーケストラをしっかりと支えています。ティンパニ以外の打楽器では、トライアングルやシンバルなどが使用されます。打楽器は他の楽器にはない響きを持っており、音楽にメリハリや躍動感を与える役割を果たしています。

サックスは、金属製ですが、金管楽器ではなく木管楽器の一種です。高音域のものから順に、ソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4種類があります。